飲食事業の可能性を広げひぐちグループのファンを増やしたい!

当初から「商品開発に携わりたい」と思い、入社3年目で夢が叶いました。今は部の商品課に所属し、メニュー開発だけでなく、店舗の運営や管理面も担当しています。多くの方にファンとなっていただけるよう努めています。

Q.どういう時にやりがいを感じますか?

A.メニュー開発は難しい。だから選んでいただいた時は嬉しい。

自分の考えた新メニューを選んでいただくには、料理だけでなく、さまざまな要素を加味したメニューの開発、サービスの提供を心掛けています。店舗ごとのコンセプトを大切にしたメニュー開発は難しく、チャレンジの連続ですが、お客様に選んでいただいた時はやりがいを感じます。

Q.上司から言われて心に残っている言葉は何ですか?

A.「お客様にとっては特別な1回」とお客様に接する姿勢を学びました。

従業員にとって、対応するお客様は大勢の一人かもしれない。ただ、忙しいからと盛り付けや接客に手を抜くのはお店の都合。お客様にとっては特別な1回であることを忘れず、丁寧に接することが大切だと教えていただきました。こちらの姿勢は伝わるし、お客様の印象に残ると学びました。