Message

今月のメッセージ

今月のメッセージ

Monthly Message

ひぐちグループ 代表取締役社長

樋口 益次郎

2021年3月のメッセージ

『交換の場』と『投げ銭』

前回の話の中で、我社の生きる場は『交換の場』であることをお話ししましたが、もう少しご理解いただけるように、かみ砕いて説明したいと思います。

社会的に「生きていく場」は3つに分けることができます。

まず『お布施の場』と『税金の場』です。『お布施の場』それは宗教などで見られるお布施を頂いて生計を立てることを指します。次に『税金の場』一般的に分かりやすく言うと公務員です。

そして3つ目が『交換の場』です。

何らかの価値を提供して、その見返りとして「交換」という行為が成立する形を指すものです。その交換というのは、お金が存在しなかった時代には物々交換として行われていました。

ここで重要なことは、なぜ交換という行為が成立するのか?ということです。

そこには「価値」と言う概念が存在します。

同等の価値もしくはそれ以上の価値を認識したから、交換という行為が成立するのです。この交換の成立をより分かりやすく表現したのが『投げ銭』です。

理解しやすいイメージは大道芸人です。大道芸人は、芸を行いその見返りとしてお金をいただく、これがいわゆる『投げ銭』です。その投げ銭は、見る側の個人によって価値が異なり、額はすべてが同じでないことも特徴です。

売上が上がった=「売れた」とは価値を認めていただいた

「売れなかった」とは価値を見出してもらえなかったと認識することが

我社の『投げ銭』の概念です。

価値を提供し『交換の場』で生かされている。

それがHIGUCHI GROUPのすべてのベースなのです。